キッズフリーマーケット


キッズフリマ

子どもの成長につながる!子供達だけのフリマ!

フリーマーケットといえば、いつも買うのが専門という人が多いではないでしょうか。
ところが、売る経験をしてみると気付くこともたくさんあります。
子どもが経験すれば、金銭感覚が身についたり、リサイクルの気持ちが育まれたりといいことがたくさん!
そこで、子どもがフリマに出店する際に学べることや、注意点について紹介します。

「いくらなら売れそう?」を考える事により金銭感覚を養う

「キッズフリマは、小学1年生から6年生が参加できる子どもだけのフリマです。
大人は会場に入らず、外から子どもを見守る、というのが大きな特徴になっています。
子どもが自分で売り買いするという経験を通じて、自立心や自主性を育てていきたいという意図があるわけです。」

子ども向けなので、運営側で事前に準備の案内をしたり、当日の収支を記入するシートなどを配ります。
また、ものの値段は上限を300円に設定しています。

「親御さんと家のおもちゃなどを集めて準備していくことで、 どれくらいなら買ってもらえるか?と考えながら金銭感覚を身につけられます。
出店料が50円なので、一人で出店すればマイナス50円からスタート。
売り上げをシートに記入していって、最終的に利益がどれくらい出たのか考えることで商売の仕組みも学べます。」*ジュース1本プレゼント

つまり、「50円以上売り上げれば利益が出る」と自然とわかるようになっているのです。
また、子どもは、売れる方が嬉しいからとむやみに値引きしてしまいそうですが、「10円にしてただ数をさばいてもあまり儲からない」ということも理解できます。

売り物を説明することを通じて、コミュニケーション能力も育まれる

実際にお客さんと接することで、コミュニケーションの能力も磨かれます。

「キッズフリマでは最初に『ありがとうございました』や『いらっしゃいませ』と声を出す練習をします。始まってすぐは緊張していたり、恥ずかしかったりと、なかなか声を出せないお子さんもいますが、徐々に壁がなくなっていき、だんだん上手になっていきます。 頻繁に出店しているお子さんもいて、声をかけたり商品を勧めたりするのがとても上手だなと感じます。
そういうお子さんは、売ることよりも、お客さんとのやり取りが楽しくて参加されているようです。」

 

Q:買う側は小学3年生未満でも大丈夫だそうですが、
小さな子が買いに行っても楽しめるのでしょうか?

A:「親御さんの近くを離れられないような場合は難しいと思いますが、お金を使うのが初めてという未就学のお子さんもいらっしゃいます。(近くで見て頂けます)
お金を数えられないお子さんでも持っているお金を全部見せて『これで買える?』と聞いたり、買ったものをいつの間にかどこかへ置いてきてしまう子どもがいても、周りにいる上級生が助けてあげる場面がよく見られます。」

 

初めてお金を握りしめてお買い物をする子どもの緊張感を考えると、大冒険のような気がしますね。それを助ける上級生のエピソードもとても温かさを感じます。

リサイクルの心を生活の土台に

「自分が使わなくなったものを、欲しいと思う人がいる、という経験は、ものを大切にする心を育むと思います。 使い終わったら捨てるのではなく、誰かにあげたり売ったりして無駄のない循環型のライフスタイルが自然と身についていくと思います。
買う方も、人が使ったものではあるけれど、新品よりずっと安い値段で『譲ってもらう』というありがたさが、体験を通してわかりますよね。」

新品でなくても、使えるものは大事に使うという感覚が身につけば、大人になっても、ものを大切に扱ったり、自分が使っているものも、大事に使ってくれる次の人に引き継いでいこうという感覚が身に付きそうです。

フリマでの失敗経験も、子どもの成長の一歩

「キッズフリマでは、終わった後にお子さんから感想をもらっています。
『高すぎたから売れなかったのかな』と反省している子どももいる一方で、『自分のものが売れて嬉しかった』という声も多いです。たとえ思い通りに売れなかったとしても、いい経験になると思います。」

失敗したと感じても、子どもにとってはかけがえのない経験となることでしょう。

Q:子供がフリマに出店する際に、注意すべき点はどこでしょうか?

A:「値段を付けるときには親御さんと相談しながら決めていくと思いますが、 いったん決めたのであればその後は子どもに任せてあげていいのかなと思います。つい、親御さんはお店の外側から『それじゃあ安すぎるんじゃない?』『もっと前に置けば?』などと助言してしまいがちですが、損得ではなくてひとつの経験として任せてあげてもらいたいです。例え親御さんの目から見て損していたとしても、『失敗したなあ』と自分で気づくことが、かけがえのない経験になります。」

親と一緒にフリマを出店するときにも、基本的には同じです。
キッズフリマと違ってお客さんが大人なので、交渉ではやはり不利。
それでも、子どもに任せると決めたら出来るだけ子どもの自主性を信じて、見守るようにしましょう。

金銭感覚だけでなく、物を売ることの難しさや、物を大切にする心など、
様々なことを学べるフリーマーケット。
子供たちに色んな経験をしてもらい、かけがえのない時を過ごして頂ければと思っております。

キッズフリマQA

Q:友達同士で同じグループになることはできますか?

A:極力同じグループになるように配慮致しますが、他のお友達や、他のグループと合同になることもあるかもしれません。

Q:どのような物をどれぐらい持っていったらいいですか?

A:食べ物・生き物以外。手作りのおもちゃやアクセサリーでもいいです。

      駐車場が遠くなりますので、子供一人で持ち歩ける程の量でお願いします。

Q:雨の場合はどうなりますか?

A:雨天中止です。当日朝9:00までに実行委員よりご連絡致します。

Q:親も一緒に参加してもいいですか?

A:フリーマーケットの様子を近くで見て頂くのは問題ありませんが、集合からフリーマーケットがはじまるまでは子供さんだけお預かりすることになります。

Q:買い物をする子供は何歳からですか?

A:3歳児(就園している)から可能です。

Q:ポップや値札はあらかじめ用意をしていったほうがいいですか?

A:当日ファイナンシャルプランナーの方からお話があった後に、値段決めやポップ作りをします。材料はこちで用意します。

Q:持ち物は何が入りますか?

A:お釣りを小銭で1000円~2000円程度、筆記用具、持ち帰り用の袋、シートなど

Q:授乳室はありますか?

A:子供のもり公園、本館にて授乳が可能です。


PAGE TOP